脳科学にもとづいた、瞑想は脳の筋トレ

ストレス低減法としても最適な瞑想。ヨガや瞑想による集中状態を維持すると、理性や論理的思考を行う前頭前野のはたらきが活性化し、情動や「闘争逃走反応」を引きおこす大脳辺緑系の働きが抑えられます。意味もなく脳のリソースを無駄遣いしている心の迷走=マインドワンダリング(これも脳の一部ネットワークの過活動によって起きています)を瞑想によって軽減でき、不安や恐れやストレスそのものが減り、パフォーマンスを上げるのに役立ちます。
また、自分自身を対象化して観察することで、自分の心の癖に気づくことができ、自分自身をその癖(心の勝手な暴走)から解放することも可能になります。刺激に対して感情的な反応をしなくなり、主観的な思考に邪魔されずに、ありのままの物事をとらえることができるようになります。その意味では、瞑想は脳の働きを自己制御する脳のトレーニングと言ってもいいでしょう。
また、セロトニンの分泌により自己肯定感が増して心のはたらきが穏やかになり、エフィカシー(目標達成のための能力に対する自己評価)が上がり、RAS(脳幹網様体賦活系)のはたらきによって自分のゴールに必要なものだけが優先的に目に入るようになります。
その他、睡眠の質向上やうつ病のリスク低減、血圧や血糖値の安定、IQ上昇、痛みや負の感情のコントロールなど、さまざまな効果が期待できる上に、一瞬でマインドをリセットできる最高のクリアリングメソッドでもあります

座ることに慣れ、心のはたらきを意識的に止めたりコントロールができるようになってきたら、より深い瞑想状態に入って心を書き換えるという技術も習得できます。良い意味で、自分を自覚的に洗脳するようなものです。脳が変われば、現実が変わり、世界が変わります。
心のはたらきは、主に脳という臓器の中にあり、さまざまな神経伝達物質による電気信号のやり取りのありようを、私たちは感情と呼んでいます。そしてそこで無自覚的に作り出した世界を、確かな現実だと思っています。そこに介入し、主体的にコントロールして生きるのを楽にすることは、実は誰にでもできることなんです。

不必要な思考の暴走を減らし、あなたにとって不利益な思考の癖を取り除いて、成功脳を鍛えましょう。
自分の人生を管理する力をやしなう、シンプルにして最高のメソッドを、ぜひ習慣にしてみてください。

ヨガはココロとカラダの統合

深い内観(自分の内側を観ている)状態でアーサナ(体位法)をとります。あらゆる評価やジャッジを手離した状態で身体と心をつなぎ、そこにある溝や矛盾に気づきながら、自身を鍛錬していきます。どんな体勢をとっても自分の内面を見つめ、安定しない心を呼吸によってつなぎとめ、感情を制御します。
単なるエクササイズとは異なりますが、筋肉と関節に適切な負荷をかけることで、柔軟性を高めたり筋力を強化することができ、身体性をやしなうことができます。結果的に身体と心の安定と向上が得られるという点では、自己開発ツールとしてとても優れた手法であると言えるでしょう。心と身体が矛盾なく調和し、心身を浄化し、自分自身で完結できるセルフケア方法でもあります。
自分本来の声を聞き、心身のバランスを整えて健康になり、安定しやすい心を育てていきます。

YOGAの語源はサンスクリット語のyuj(ユジュ)で、結ぶ、調和するといった意味があります。いつでも必要なときに、自分の中に調和と制御の静けさをもたらす手法、それがヨガです。

Nanjaレッスン

ヨガ/瞑想レッスンは、主に次の方法で行っています。(クリックすると詳細ページへ)


スポーツクラブNAS、メガロス、横浜市港南プールなどでもレギュラーレッスンを担当中
ナーニャのレギュラースケジュールはこちら


会社のイベント・サークル講師や地域の指導者依頼も承ります☆
お気軽にお問い合わせください。